簡単にお金を借りる≪実はこんなに簡単にお金を借りることができる!≫

消費者金融の審査 

カードローンで、今すぐ現金★が可能です。

お金がない!今すぐ現金が必要!
これを読んでいる方の中にも、まさに今、現金が必要で、どうやってお金を準備しようか、と思い悩んでいる人もいるかもしれません。
一昔前なら、親元に走って行き、頭を下げて借金をしていましたが、さて、現代では?この平成のご時世では?現代には、カードローンという便利なものがあります。
カードローンという言葉を聞いたことがある人は結構いると思います。
カードローンなら、すぐに、お金を借りることが出来るのです。はい、すぐにもOKです!
具体的に申しますと、会社によっては、即日審査で、最短、当日の借り入れが可能になんです。これって、早くないですか?(※会社によって、当日申し込みの締切時間が異なりますので、確認が必要です)上限も、会社や自分の収入や過去の借り入れ履歴によって異なりますが、数万円の小額から、数百万円といった高額まであり、自分の都合に合わせて、借り入れをすることができます。
これなら、すぐに現金が必要!と思ったら、サササッと準備できて、良いですよね。
生活費が足りない、デート前に彼女にプレゼントを、旅行資金などなど、目的の申告も不要なので、自分のライフスタイルに合わせて借りることが出来るカードローン。
興味がある方は、是非チェックしてみてください。

カードローンのここがすごい

カードローンの素晴らしさをちょっとご紹介します。
まず、前出のように、スピーディに現金を準備することができます。
カードローンは、金融機関や消費者金融などで扱っていますが、例えば預金口座がある金融機関でカードローンを利用するなら、銀行によっては手持ちのキャッシュカードがそのままカードローンのカードローンに使うことができるものもあります。
そうなると、更に借り入れまでの時間が短縮され、更に、カードが増えることがないので、使い勝手も更にパワーアップすることになります。
申し込みの際に必要なものは、身分証明書。基本的にはこれさえあれば、借り入れの申し込みができます。
カードローンの会社によっては、または、勤務歴や収入によっては、収入を証明する書類が必要になる場合もあります。
いろいろ挙げましたが、実は筆者が考えるカードローンを利用する最大のメリットは、その申し込み方法です。
多くのカードローンの会社は、申し込みをインターネットで受け付けているため24時間365日、いつでも借り入れの申し込みをすることができるんです。
つまり、思い立ったら、現金の準備が必要なるかな、と思った瞬間に、スマホやパソコンからすぐに申し込みができる。この便利さ、利用しない手はないでしょう。

カードローンのここが注意

さて、カードローンのメリットばかりオハナシしましたが、デメリット、注意点もしっかりオハナシしておく必要があります。
そもそもカードローンは、お金を借りるので、返すことが基本中のキホンです。
更に、返す時は、借りたお金に対しての利息が付きます。金利とも呼ばれるのですが、会社によって比率が異なりますが、とにかく、借りたものですので、返すことが大前提となります。審査によって、返済能力がある、と判断された上でお金を貸してくれるので、審査に通った時点で、返済可能な人と認められたことになりますが、中には、返済をしなければいけないということを後回しにしてしまい、結果、多重債務になってしまう人も。あまりにも便利に借りることができるあまり、気を付けないと返済不能に陥ってしまう点は気をつけなければいけません。最近のネット申し込みでは、事前に返済プランを立てたり、返済のシュミレーションをすることができるところが多いので、それらをしっかり利用して、返済をすれば、このデメリットは、防ぐことができます。
その他には、あまりデメリットというのは思いつきませんが、敢えて言うと、財布の中のカードが増えるとか、一時期の借金保有者になる、といったところでしょうか。

初心者にも安心な銀行系

初めてカードローンを利用する、という人が気になる項目の第一位は、「どこから借りたら良いの?」という点ではないでしょうか。
初めてカードローンを利用する人にオススメなのは、銀行系のカードローンです。
なによりも、母体が銀行ですので、信用度はお墨付きです。
過去のよくあるカードローンのトラブルでは「悪徳ブラック会社から借り入れて、借金苦になった」というもの。これは、借り入れ時の甘い言葉に騙されて、お金を借りて、気づいたら返済出来ない程に利息が膨らんで、とうとう自己破産しなければならなくなった、というものです。聞き慣れない社名でも、よく調べず、借りやすさだけを優先して借りると、結果、借金苦に陥ってしまう危険性もあります。
その点、銀行系は、誰でもよく知っている、知名度も高いところを選べば、法外な利息が付くことは決してありませんので安心です。
借りたお金を安心して使ったら、返済も安心して行いたいのは、誰でも同じことです。
ですから、銀行系のカードローンが、断然、オススメです。銀行系であれば、手続きもしっかり行い、きちんと契約の手順を踏んでから借り入れるので、借りる側だけでなく、貸す側にとっても、安心で安全です。

借り方のポイント

お金を借りる際のポイントを手順に沿ってご紹介します。まず、お金を借りる先を決めます。
銀行系、消費者金融などさまざまな会社がありますので、次のような点に注目して、会社を選びます。

 

@会社の信用度
A金利(利息)
B利便性
Cシュミレーション

 

@の会社の信用度については、前出の通り、ブラック企業に引っかからないように、よく調べて決めましょう

 

Aの金利(利息)は、会社によって、また、自分がどの位借りて、どのくらいの期間で返済したいか、によって異なります。
必ず、自分のプランに該当する金利で確認しましょう。ただ、初めての利用に限って、無利息キャンペーンというものを実施している会社もありますので、お得に利用しましょう。

 

Bの利便性は、借りる時と返す時に便利な場所にある所を選ぶと良いでしょう。会社の近くや自宅の近くといった所を選ぶと、柔軟に利用できて便利です。
返す時は、引き落としや口座振替などを利用する人は問題ありませんが、出来るだけ、自分の生活圏内に店舗やATMがある会社にしておくと、万が一窓口に行かなくてはいけなくなった際も便利です。

 

最後はCシュミレーションですが、予め毎月の返済額、返済期間、ポイントポイントでの残高をしっかり把握しておくこと、これは、カードローンの成功ポイントとなりますので、是非活用しましょう。

金融機関系と消費者金融

銀行系がオススメだのなんだの、と言っていますが、そもそも、銀行系消費者金融とはどこが違うのでしょうか。
まず、大前提としてオハナシしたいのは、ローン会社=悪徳、とは限らない、ということ。
カードローンといったローン商品を扱う、あまり名前が知られていない会社はどこも悪徳だ!と思っている人もいるかもしれませんが、決してそうではない、ということです。
消費者金融の多くは、日本貸金業協会という機関から認められて貸金業を営んでいる、信頼できる所です。
ということは、母体が銀行の貸金業者と違いはないのかな?と思いがちですが、実は根本的なルールが異なります。
消費者金融でお金を借りる際に出てくる単語の一つに「総量規制」というものがあります。
消費者金融やローン会社では、収入の3分の1までしかお金を借りることが出来ない、というものです。
この規制は、以前は例外なく消費者金融ではありました。ただ、近頃行われた貸金業法の改正により、国から優良と認められた特定の消費者金融では、総量規制の枠が外され、柔軟にお金の貸し借りをすることができるようになりました。
因みに専門的に言うと、銀行系は出資法に基づいており、消費者金融は、貸金業法に基づいて貸金が行われています。

 

消費者金融の審査 

関連サイト